CAREER

【会計キャリアのメリット&デメリット】国際会計士として歩んだ20余年で感じた光と影

2019-05-04

会計キャリアのメリット&デメリット

マリー

USCPA・豪州勅許会計士。海外に住んで働いて《人生の選択肢》が増えました。海外でも活躍できる職種の選びかたなど、国際キャリアで自分らしく生きるTIPSをお届けします。2回目の海外移住(欧州)を計画中。

「会計」「アカウンティング」というと、「細かい数字扱い」という印象を持たれる場合も多いのですが、長い間この分野でキャリアを積んできた経験からは、ちょっと違うな~という想いがあります。

そこで、会計士としての会計キャリアのメリットとデメリットを整理してみたいと思います。ひと口に会計キャリアといっても、いろいろなケースがありますが、ここではなるべく大きな視点から考えてみましょう。これから、会計士・米国公認会計士をめざそうという方の参考になれば嬉しいです。

当記事は、2019年1月時点の情報を参考にしています。

 

 

 

 

 

会計キャリアのメリット

国際的には、ビジネス系の学生の就職先として、ビッグ4アカウンティングファームがトップ10にすべて入っているように、会計はとても人気のある専攻&分野です。それは、以下のような会計キャリアのメリットが理解されているから、とも考えられます。

確立した専門職~専門家としてのキャリア

日本はもちろん、どの国においても呼び名は多少違っても「会計士」という資格があり、第一義的には財務諸表の監査をする専門職として確立しています。それ以上でも以下でもありませんが、どこに行っても、その分野の専門家として期待され処遇されることになります。

監査法人や会計事務所では、一緒に働く上司も同僚も会計士ですから、プロフェッショナルな仲間に囲まれた環境で仕事をすることができます。さらに、企業に転じる場合でも、海外や日本にある外資系企業の経理財務部に勤めるには、一般的に会計士であることが前提条件になっていることが多く、そこでも専門職としてキャリアを積んでいくことができます。

 

女性にとっては、会計士という資格があることでキャリアを継続しやすい、という点もメリットです。監査法人での女性パートナーや、外資系企業での女性CFOや女性コントローラーも増えており、女性にとって専門職としてキャリアを極めることが可能な職種のひとつと言えるでしょう。

 

幅広いキャリアの可能性~いろいろなキャリアパス

会計士のキャリアパス&キャリアシフト12選で見たように、いろいろなキャリアパスが考えられます。

監査法人や企業での会計士キャリアに加えて、会計コンサルタント、経営コンサルタント、CFOやCEOといった企業のマネジメントといった道があります。会計士として公認会計士事務所を開業したり、会計・経営コンサルタントとして起業するという選択肢もあります。

さらに、人生100年と言われる時代となり、資格やスキルを活かしつつの副業や、会計とは直接関係のない分野での起業という選択肢もあります。海外ではフリーランスとして会計スペシャリストやコントローラー&CFO代行業(Interim CFO)も多いので、会計専門職ではあっても組織に縛られないワークスタイルを選ぶ人も増えてくるでしょう。

 

 

マリーの住んでいたオーストラリアでは、テクノロジー系の会社だったのに上司が美容分野で起業をしたり、企業のコントローラーをていた友人がレストランを経営したり・・・ということがありました。日本でも多くの会社で副業解禁の方向となり、今後は会計キャリアを継続しながらの起業が増えてくると予想しています。

 

高いモビリティ~世界でも日本でもどこでも働ける

会計士は、会計という世界共通スキルの専門家として、海外でも仕事を得やすい職種です。多少の違いはあっても、会計という共通の言語&スキルを活かしてで仕事ができるので、場所を問わずに働けるモビリティの高さが魅力です。

日本国内においても、東京で仕事をしていて地元へ戻ったり、東京出身ながら地方へ移り住んだり、といった国内移住も比較的しやすい職種と考えられます。

 

当サイトのマリーが、オーストラリアへ渡って自分で仕事を探して海外転職をすることができたのも、米国公認会計士という資格を持っていたからでした。

 

着実な収入&高い収入も可能

収入は、監査法人や企業での一般的な会計キャリアであれば着実な収入モデルが予想されます。

一般企業に転じて経理財務担当役員になったり、外資系企業へ転じてコントローラーやCFOとなったりすれば、高収入を期待できるでしょう。

 

外資系企業であれば、30代でコントローラーやCFOになるケースも珍しくないので、業種にもよりますが、30代にして年収2千万円~を視野に入れることも可能です。ずば抜けた才能が必要でなくてもこのような高収入の可能性があるのも、会計士の魅力のひとつといえるかもしれませんね。

 

 

会計キャリアのデメリット

会計キャリアのデメリットと言っても、実際の仕事内容はバラエティに富んでいるので、共通したデメリットはありません。「そのような傾向になりがち」という点でデメリットになりそうな点を挙げてみました。

勉強し続ける必要性~「一生勉強が続く」

会計原則や税法は絶えずアップデートがあるので、専門家として勉強をし続ける必要があります。(このことは、一概にデメリットとは言えませんが、通常業務以外に勉強をし続ける必要性が「忙しさ」につながる可能性が高くなります。)

さらに、利用する会計システムや、会計士としての専門分野での深い知識が求められるので、「一生勉強が続く」といっても過言ではないでしょう。

 

ルーティンな仕事内容&スケジュール

すべての会計職種ではありませんが、監査や経理といった仕事の場合、仕事の性質上、どちらかといえばルーティン的な仕事内容になります。

また、年間や月間のスケジュールが決まっているので、他の職種と比較した場合、ルーティンなスケジュールで動いていく傾向にあります。

 

このことは、「予測できるスケジュールだから予定がたてやすい」ということで、人によってはメリットと感じる場合もあるかもしれません。一概にデメリットとは言えませんね。

 

忙しい~締切りに追われがち

会計士の仕事全般的に、締切り日があるものがほとんどです。

他の仕事でも締切りがあるのが普通ですが、会計キャリアの多くがかかわる監査、決算、税務などの締切日は絶対的なものなので、融通が利きません。「締切日に追われて仕事をしなければならない」という状況が、珍しくありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

他の職種と同じように、会計キャリアにも光と影の部分があります。ただし、影の部分であるデメリットの多くは、自分のキャリアパスやキャリアシフト、さらにワークスタイルによって、改善・解決できる部分も多いと感じます。

当記事が、会計キャリアをめざそうと考えている方、会計キャリアへ転じようと迷っている方の参考になれば幸いです!

 


 

上記でも少し触れましたが、会計士を目指そうと考えるとき、日本の公認会計士だけでなく、米国公認会計士も選択肢として検討してみてください。というのは、USCPAは競争試験の性質が強い日本の公認会計士試験と違って、合格点に達すれば合格する絶対試験であるので、努力をすれば着実に合格を目指せるからです。

試験準備については、「日本人が効率的に学べるプログラム」「長年CPAスクールとして学校運営されている信頼」という点から、「アビタス」がおすすめの選択肢です。USCPAに興味を持ったら、まずは説明会に参加して、詳しい情報をゲットしてみてください。

 

-CAREER
-, ,