国際派の職種選び

英語力があると年収がぐっと増える職種【IT系職種編】ITスキルでグローバルに活躍しよう

英語力があると年収がぐっと増える職種【IT系職種編】ITスキルでグローバルに活躍しよう

マリー

自分で永住権を取得してオーストラリア移住した経験あり。海外に住んで働いて《人生の選択肢》が増えました。「外資系転職」「国際キャリア」「海外移住」に関する情報をお届けします。

英語力があると、年収が上がる傾向があります。スキルに国境がないIT系の職種においては、英語力のある人材とない人材の英語力の差が比較的大きいので、一定レベル以上の英語力があれば活躍できるフィールドが広がり、それが年収アップにつながっていきます。

英語力は幸せな人生&キャリアにつながる!でみたように、英語力のあるなしで長期間での総年収の差はとても大きいものになり、キャリアのみならずライフスタイルにも大きく影響します。

ここでは、IT系職種で英語力があると年収がぐっと増える職種例を見ていきましょう。IT系の職種で年収アップさせたいと考えている方は参考にしてくださいね。

当記事は、2019年5月時点の情報を参考にしています。

 

 

 

 

英語力があると年収がぐっと増えるIT系職種の5つの例

年収を比較するとき、その職種の一般的な年収英語力が場合の年収を比較することで、その傾向を確認することはできます。なかなか同じ前提条件での比較ができませんが、ここでは、傾向を知るために、以下の2つの年収平均額を比較してみましょう。

(A)一般的な求人の平均年収:dodaの職種別平均年収ランキングの該当職種の平均額

(B)英語力がある求人の平均年収:キャリアクロスの求人にある平均年収額または求人例の平均年収金額

(ここでは、2019年5月時点で掲載されている上記の年収情報を参考にしました。)

この両者の比較で留意しなくてはならないのは、英語力という条件を除いても都市部に求人が多い(B)の年収のほうが高いことが予想される点です。その点を留意したうえで、両者の比較を見ていきましょう。

 

ヘルプデスク

(A)一般的なヘルプデスク職種求人の平均年収:342万円(dodaのヘルプデスクの平均年収)

(B)英語力があるヘルプデスク職種求人の平均年収:603万円(キャリアクロスにあるヘルプデスク、デスクトップサポート職種の平均年収)

ヘルプデスク職種は、英語ができることで年収が大きく増える可能性があります。というのは、英語と日本語ができることで、外資系企業の社内IT職として、日本国内だけでなく複数の国を担当することができるからです。

キャリアクロスに出ているヘルプデスク職種の求人の特徴としては、「グローバル企業による募集」「経験値がそれほど高くない求人」「多言語能力のポジション」などが目をひきます。IT職として外資系企業やグローバル企業へ転職したいという場合の最初のステップになり得る選択肢です。

 

ウェブ開発

(A)一般的なウェブ開発職種求人の平均年収:425万円(dodaのWebサービスエンジニアの平均年収)

(B)英語力があるウェブ開発職種求人の平均年収:653万円(キャリアクロスにあるウェブ開発職種の平均年収)

ウェブ開発職についても、英語ができることで、年収アップだけでなくキャリア展望が大きく広がります。開発言語によっては、年収の上限が非常に高くなっています。

キャリアクロスに出ているウェブ開発職種の求人の特徴としては、開発会社・ECカンパニー・一般企業のIT部門など、求人企業がバラエティに富んでいるという特徴があります。「どのような環境で仕事をしていきたいか?」を考えて選択できる余地が大きめの職種です。ワークスタイルにフレキシビリティを持てる要素も比較的多くなっています。

 

SE/プログラマ

(A)一般的なSE/プログラマ職種求人の平均年収:428万円(dodaのSE/プログラマの平均年収)

(B)英語力があるSE/プログラマ職種求人の平均年収:728万円(キャリアクロスのソフトウェア開発703万、システム構築753万の平均年収)

SE/プログラマ職となると、上記の2職種と比べても年収アップ率がぐっと高くなります。

キャリアクロスに出ているソフトウェア開発・システム構築の求人の特徴としては、まず「求人数が非常に多い」という点が挙げられます。さらに、「スタッフからマネジメントレベルまで幅広い経験値」「大規模プロジェクト」の求人が目をひきます。社員の福利厚生やワークライフバランスを考慮している求人内容も比較的多いので、転職によって自分のワーク環境・ワークスタイルを変えたいという方にとっても検討したい選択肢となるでしょう。

 

ITプロジェクトマネージャー

(A)一般的なITプロジェクトマネージャー職種求人の平均年収:659万円(dodaのプロジェクトマネージャーの平均年収)

(B)英語力があるITプロジェクトマネージャー職種求人の平均年収:804万円(キャリアクロスのプロジェクトマネジメントの平均年収)

ITプロジェクトマネージャーは、英語力があることでより高い年収をめざせます。英語力があれば国際的なプロジェクトに関われるので、年収の上限レンジが高くなっています。

キャリアクロスに出ているITプロジェクトマネージャー求人の特徴としては、「社内システム」「グローバル製品」「多国籍チーム」などのプロジェクトが目をひきます。コンサルタントとしての募集も多いので、例えば生産や経理など特定のアプリケーション業務における専門性を求める求人も多くなっています。ITスキル&英語力だけでなく、業務知識、コミュニケーション、リーダーシップなどを含めたトータルなプロジェクトマネジメントスキルを培っていくことで、年収アップと同時に「やりがい」を実現できる職種です。

 

ITプリセールス

(A)一般的なITプリセールス職種求人の平均年収:628万円(dodaのプリセールスの平均年収)

(B)英語力があるITプリセールス職種求人の平均年収:854万円(キャリアクロスのITセールス・プリセールスエンジニア平均年収)

ITプリセール職は、IT系の職種のなかでも高年収をめざせる職種です。貢献したセールス金額に応じてインセンティブコミッションが得られる報酬体系も多いからです。

キャリアクロスに出ているITプリセールス求人の特徴としては、「グローバルIT企業の日本法人の求人」「ハイレベルの英語力」「リーダーシップスキル」などが目をひきます。求人広告そのものが英語で書かれている求人も多くなっています。海外本社へ直接に報告レポートするポジションもあり、ITスキルを活かしながら高年収とワークライフバランスを両立できる選択肢のひとつです。マネジメントとなっていくと、セールスに近いポジションとなれば売上目標の達成が求められるので、他のIT職種とは違った面をもっている職種ともいえます。

 

まとめ

上記の比較から、ITスキルに英語力をプラスすることで、「高い年収レンジへとステップアップできる」ということがわかります。

長期間にわたる年収差は非常に大きいものになるので、キャリアのみならず「どのような人生を送るか?」という点にも大きな違いをもたらします。

さらに、英語力があることで、同じIT職種でも活躍できる職域が大きくなるので、「このままでは先が見えない」と不安を感じている場合には、今の経験に英語力をプラスすることを考えてみてはいかがでしょうか?集中して勉強すれば、半年から1年で英語力はぐっと伸びます。

当記事が、IT職種で「年収をアップさせたい」と考えている方の参考になれば幸いです!

 


 

転職にあたって、TOEIC®の点数を取得しながらスピーキング力を磨きましょう。下記の記事も参考にしてくださいね。

【Bizmates(ビズメイツ)】ビジネス英語に特化した高品質のオンライン英会話
【Bizmates(ビズメイツ)】ビジネス英語に特化した高品質のオンライン英会話

続きを見る

 

-国際派の職種選び
-,

© 2021 マイアベニュー