英語試験対策

Versant™個人受験の申込み方法

2017-12-23

マリー

海外に住んで働いて《人生の選択肢》が増えました。キャリア、旅行、ロングステイ、人生の選択(仕事、結婚、移住)など、自分らしく生きるTIPSをお届けします。現在、2回目の海外移住(欧州)を計画中。

Versant™(ヴァーサント)のスピーキングテストは、「約17分で英会話力を測定できる」ので、多くの企業が導入しつつあります。

個人でVersant™受験しようという状況は限られるかもしれませんが、転職や昇進でVersant™のスコアが必要になる場合には、事前に個人でVersant™を受験して実地練習したい、という方もいるでしょう。

当記事では、

  • Versant™の個人受験をおすすめする理由
  • Versant™の個人受験の申込み方法

を概観いたします。「近いうちにVersant™を受験しなくてはならない」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

当記事は、2019年11月時点の情報を参考にしています。

 

 

 

 

Versant™個人受験について

Versant™は、企業・団体を通じての受験だけでなく、個人として単独で受験することも可能です。

個人受験おすすめの理由

  • 英会話力を知る:自宅や会社にいながら、短時間で自分の現在の実践的な英語力を知ることができます。
  • 試験本番の練習する:採用試験や企業内試験でVersant™のスコアを求められているときには、試験本番の練習ができます。
  • 対策を練れる:正式なスコアレポートを入手できます。自分の弱い部分がわかるので、テスト対策で力を入れるべきポイントがわかります。
  • 本番に実力を発揮する:実際のテストの流れ全般を経験することは、自分のスコアを知ることができるのみならず、本番で実力を発揮するためのコツを体感するうえでも、模擬試験とは違った意味があります。

 

Versant™の受験料そのものは安くはありません。でも、他の多くの英語試験のように、「試験会場へ行って受験」ということがないので、総合的に見れば時間も費用も節約して受験できます。

 

Versant™個人受験の2つの申込方法+番外編

個人受験の申し込みには、3つの方法があります。
キャリタス・資格検定の申込みページ

  • スピーキングテストの申し込みが可能です。
  • 支払い方法は、クレジットカードまたはコンビニ店頭になります。

englishbooks.jpの申込みページ

  • スピーキングテスト、ライティングテスト、プレイスメントテスト、スピーキングテスト・ライティングテストのパッケージの4種類の申し込みが可能です。
  • 支払い方法は、クレジットカード、代金引換払い、銀行振り込みがあります。
  • 両方法ともに、スピーキングテストの料金は、受験1回あたり5,000円+消費税です。
  • englishbooks.jpの場合には、購入代金によってポイントがついて次回にポイント利用可能です。複数回を受験したり、継続して受験したりする場合には、ポイントをうまく使えば少し割引になります。
  • 上記の2つの方法は、公式ページで紹介されています。申し込みの際には、必ず公式サイトで最新の情報を確認するようにしましょう。

 

番外編としては、正式なテストではありませんが、本番と同じ練習テスト(Practice Test)をVersant™の運営会社であるピアソン社の公式ページからの申し込むことができます。

こちらは、日本円で1,700円とリーズナブルな価格なので、たとえば、職場から要請されている本番テストの前の練習として受験したい場合におすすめです。

どの方法で個人受験するとしても、日程に余裕をもって手続きをすることをおすすめします。
申込みの方法や料金が変わる可能性がありますので、必ず各サイトで、最新情報を確認した上で、申込み手続きするようにしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

Versant™個人受験は、正式なスコアレポートまで得られますから、テストの一部を切り取ったサンプルテストとは違う発見があるはずです。

特に、就職・転職・昇進など本気でVersant™スコアアップを目指している方は、個人受験を効果的に利用していきましょう。

当記事が、Versant™受験準備をしている方の参考になれば幸いです!

 

Versantはピアソングループのエヌシーエス ピアソン,インコーポレイテッドの登録商標です。このコンテンツは、エヌシーエス ピアソン,インコーポレイテッドの承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

 

-英語試験対策
-

© 2022 マイアベニュー