国際派の英語力

IELTSコンピューター受験【CDI】のメリット&デメリット

IELTSコンピューター受験【CDI】のメリット&デメリット

マリー

自分で永住権を取得してオーストラリア移住した経験あり。海外に住んで働いて《人生の選択肢》が増えました。「外資系転職」「国際キャリア」「海外移住」に関する情報をお届けします。

日本においても、コンピューターで受験するIELTS(Computer Delivered IELTS:CDI)が、本格的に始まり、少しずつ受験できる会場も増えています。

従来からあるペーパーでの試験と特徴が異なる面があるので、どのような点を留意して受験すべきか気になりますね。

この記事では、CDIに興味をもつ方へむけて、以下のことをご説明します。

本記事の内容

  • コンピューターで受験するIELTS(CDI)を受験できる場所
  • CDIの特徴とは?
  • CDIのメリットとして考えられること
  • CDIのでデメリットとして考えられること

これからIELTSのCDI試験を受験しようと考えている方の参考になれば幸いです。

当記事は、2021年6月時点の情報を参考にしています。(初投稿は、2019年7月です。)

 

 

 

 

コンピューターで受験するIELTS(CDI)を受験できる場所

日本では、コンピューターで受験できるIELTS(CDI)を提供しているテストセンターは限られています。

下記のテスト運営団体のサイトにある情報をまとめると、以下の都市でCDIを受験できます(2021年6月現在)。

  • 東京
  • 大阪
  • 京都
  • 名古屋

東京と大阪は、複数の会場があります。

受験料は、以下の通りとなっています。

  • ブリティッシュ・カウンシルとIDP公式テストセンターからの申込み:1回26,400円(消費税込み)
  • 日本英語検定協会からの申込み:1回25,380円(消費税込み)

詳しい場所と日程は、下記のサイトから確認できます。

CDI受験の最新情報と申込み

 

 

コンピューターで受験するIELTS(CDI)の特徴

IELTSをコンピューター受験するにあたって、理解しておきたい基本的な特徴を整理しました。

コンピューターで受験するIELTS(CDI)について
  • 試験内容、採点基準、試験時間は、従来のペーパーベースのIELTSと同じです。
  • 成績証明書の発行は、試験日から7日目に発行&郵送されますので、従来のペーパーベースの試験よりも早いタイミングです。
  • コンピューターを使って行われるのは、リスニング・リーディング・ライティングの3セクションです。
  • スピーキングは、従来とおりに試験官との対面形式のテストです。

 

多くの受験生にとっては、一番大きな違いは、ライティングをコンピューターを使ってタイプして書ける点になるかと思いますが、次のコーナーで見るように、考え得るメリット・デメリットがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コンピューターで受験するIELTSのメリット&デメリット

一般的に考えられるメリット&デメリットとしては、以下が考えられます。

【CDIでメリットとなり得ること】

  • リスニング:ヘッドフォン利用となるので、教室でのリスニングよりもサウンドがクリア
  • リーディング:コピペを利用して回答できる部分は、タイピングミスを減らせる。
  • ライティング:タイピングに慣れていれば早い。ワード数がカウントされる。修正・編集もしやすい。字の汚さを気にしないで済む。
  • 全般:画面上に残り時間が表示される。試験結果がペーパーテストより早くわかる。

【CDIでデメリットとなり得ること】

  • リスニング:問題用紙にメモをとることができない。
  • リーディング:画面で長文を読むことに慣れていない読みづらい。問題用紙にメモをとることができない。
  • ライティング:タイピングのスピードが影響する

 

このように、コンピューター試験には、一般的に考えられるメリットもデメリットもありますが、大切なことは、自分にとってメリットが大きい方を選ぶことです。

そして、コンピューターでの受験で行くと決めたら、試験対策でコンピューターを使った訓練をしておくことが必須となります。

IELTSスクールの講師の方が、コンピューターベースのIELTS受験について、とてもわかりやすいコラムを書いています。その内容はとても具体的なので、コンピューターベースのIELTSに興味がある方には、一読をおすすめします。

コンピューター版IELTS:CDIとは(リンゴ・エル・エル・シー)

こちらのスクール(リンゴ・エル・エル・シー(Lingo L.L.C.))については、下記の記事でもご案内していますので、あわせた参考にしてください。

【実績で選ぶ】IELTS対策の短期集中スクール・塾おすすめ5選《東京&オンライン編》
【実績で選ぶ】IELTS対策の短期集中スクール・塾おすすめ5選《東京&オンライン編》

続きを見る

 

まとめ:特徴を理解してメリット多ければ《CDIで受験》しよう

コンピューターで受験するIELTSは、特に「ヘッドフォンでのリスニングを好む方」「手書きのライティングに苦労していた方」にとっては朗報です。

利用できるエリアであれば、コンピューター受験の対策をしたうえで、受験してみるとよいでしょう。

当記事が、コンピュータで受験するIELTSに興味を持った方の参考になれば幸いです!

 


「目標のIELTSスコアを絶対に取得したい」という状況においては、勉強法・学習法の選択が重要です。下記の記事も参考にしてくださいね。

【コスパで選ぶ】IELTS対策のオンライン英会話おすすめ5選《比較表あり》
【コスパで選ぶ】IELTS対策のオンライン英会話おすすめ5選《比較表あり》

続きを見る

IELTS7.0以上の勉強法に海外オンラインコース【Udemy人気講座】
IELTS7.0以上の対策に海外オンラインコース【Udemy人気講座】

続きを見る

 

 

-国際派の英語力
-

© 2021 マイアベニュー